活動とたたかい - 原発・平和

党・平和委員会が、小松基地に申し入れ

カテゴリー:

 8日、日本共産党と平和委員会など市民団体は、小松基地所属のF15戦闘機が訓練中に模擬爆弾の先端カバーを落下させた問題で、小松基地を訪れ、亀岡弘司令あてに落下事故の原因究明と結果の公開、安全対策を申し入れました。申し入れでは、「原因が明らかにされないまま訓練が再開されているのは言語同断。飛行訓練を中止し点検すべき」と強調しました。

%e5%b0%8f%e6%9d%be%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c%e5%85%a5%e5%8f%a3

%e5%b0%8f%e6%9d%be%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c%ef%bc%92%ef%bc%98

%e5%b0%8f%e6%9d%be%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c%e5%85%a8%e4%bd%93

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.