活動とたたかい - 原発・平和

 石川革新懇は日本学術会議の任命拒否に抗議する宣伝行動、第二弾を22日に観光客がごった返す武蔵・近江町市場付近で約30名が参加しリレートーク、ビラ配布、署名に取り組みました。マイクを握った参加者は「菅政権による日本学術会 ... 続きを読む →

 女性のレッドアクションいしかわは19日、金沢市内で「改憲発議反対」を求める宣伝署名行動を9人で行いました。参加者は赤いスカーフを身につけ「みんなの力で戦争法を廃止する新しい政府を!」とアピールしました。富山県からのご夫 ... 続きを読む →

 安倍改憲NO! 市民アクションいしかわは3日、金沢市内で「戦争する国NO! 改憲許さず!」の憲法集会を約200名の参加で行いました。須藤春夫・法政大学名誉教授が「崩壊するジャーナリズム、なぜ権力と癒着するのか」と題して ... 続きを読む →

 県原水協と新婦人の会は6日、金沢市で核兵器の廃絶を求める「6.9行動」を9人の参加でヒバクシャ国際署名への協力を呼びかけました。マイクを握った新婦人の方は、核兵器の禁止条約発効まであと4か国となったことを報告。「条約の ... 続きを読む →

 第30回石川解放運動戦士追悼集会が22日、金沢市の卯辰山で開催されました。新型コロナ感染対策で規模を縮小し15名の参加でした。あいさつに立った国民救援会会長の池田治夫氏は、「新政権に変わったが、安倍政治を継承する内閣、 ... 続きを読む →

 志賀原発の廃炉を求める、「どいね原発」が395回目を迎えました。11日は10人が参加、「原発ゼロ」「さよなら原発」のぼりを立て、シールアンケートを通行人によびかけました。3人組の高校生は「原発は危ない、事故が起きたら怖 ... 続きを読む →

 石川憲法会議と戦争する国づくりストップ ! 石川県共同センターは19日、金沢市内で120回目の「怒りの昼デモ」に取り組み、約40名が参加しました。出発あいさつで、国賠同盟の代表が、「海外で米軍といっしょなに戦争できる体 ... 続きを読む →

金沢市の「寺町台9条の会」は終戦の日の15日、恒例の「平和の鐘つき」を今年は、日蓮宗・妙典寺の境内でおこない、45人が参加しました。今年で15回目、戦前の金属供出の中で残った数少ない梵鐘のお寺で、参加者は鐘を突きながら、 ... 続きを読む →

反核・平和おりづる市民のつどい実行委員会の「平和のパネル展」が県庁19階の展望ロビーで3日から始まりました。毎年恒例の「原爆と人間展」コーナーや、広島の高校生と被ばく体験証言者との共同で描いた「原爆の絵」21枚も展示され ... 続きを読む →

新型コロナで自粛していた「どいね原発」スタンディングを7月3日に再開、385回目です。のぼりを掲げ、原発「いる」「いらない」のシールアンケートに帰宅途中の高校生が次々と応じ、「学校でエネルギー問題の学習をしました。3.1 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA