活動とたたかい - 原発・平和

 石川県中央メーデーが5月1日金沢市内で開催され、オンライン併用集会として金沢市会場、白山市会場はじめ、70箇所を結び約300人が参加しました。日本共産党のたけだ良介参院議員のメッセージが紹介され、参加者は集会のあと金沢 ... 続きを読む →

 党石川県委員会は、21日13:30から金沢市香林坊で、ウクライナ支援募金行動に取り組み、30分余の間に4000円弱の募金が寄せられました。募金を寄せた多くは、小学生から高校生の若い世代。中学生くらいの2人連れ女性からは ... 続きを読む →

18日、北信越ブロックいっせい宣伝が取り組まれ、石川県では、羽咋市から加賀市まで8自治体61人が参加して41か所で宣伝に取り組まれました。西村ひろし参院石川選挙区候補は、地元野々市市駅前で支部の党員と出勤時宣伝。その後、 ... 続きを読む →

 石川県平和委員会と憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会(県民の会)、日本共産党は2日、航空自衛隊小松基地を訪れ、F15戦闘機墜落事故の徹底究明と飛行停止を求めました。F15戦闘機は1月31日夕方、小松基地から訓練 ... 続きを読む →

 日本共産党石川県委員会は7日、岸田政権の改憲策動を押し返そうと観光客や買い物客でにぎあう金沢市の近江町市場近くで「憲法改悪を許さない全国署名」に取り組みました。秋元県委員長、佐藤県議、亀田金沢地区委員長らが参加。「署名 ... 続きを読む →

 原水爆禁止石川県協議会は1日、金沢市の尾山神社前で「日本政府に核兵器禁止条約の署名・批准を求める署名」を呼びかけました。のぼりを立て初もうでの参拝者にアピール。内藤晴一郎代表理事が、7割を超える国民が各兵器禁止条約を支 ... 続きを読む →

 石川県平和員会と明るい小松をつくる会は22日、航空自衛隊小松基地を訪れ、F15戦闘機の部品落下事故の究明、原因・再発防止策の住民への説明を求めました。県平和委員会の柴原和美事務局長ら3人が石引大吾基地司令あての申し入れ ... 続きを読む →

 石川憲法会議と戦争する国づくりストップ! 憲法を生かす石川県共同センターは8日、金沢市で「岸田自公政権の憲法改悪は許さない」と「怒りの昼デモ」を約40人でおこないました。日本共産党の佐藤正幸県議が参加しました。出発前あ ... 続きを読む →

 石川県母親大会連絡会は8日、金沢市で二度と戦争させてはならないと「赤紙」(召集令状複写)ビラを配布し、憲法改悪をゆるさない全国署名、日本政府に核兵器禁止条約への参加を求める署名を呼びかけ、約20人が参加しました。連絡会 ... 続きを読む →

  平和・民主主義・革新の日本をめざす石川の会(石川革新懇)は28日、金沢市で岸田政権の「9条改憲許さない!」と宣伝署名を行い13人が参加しました。「9条改憲に反対!平和憲法による政治を求めます」の横断幕を広げ ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA