活動とたたかい - 原発・平和

 県の安保破棄実行委員会と平和委員会は、15日に沖縄の米軍基地建設強行に抗議する宣伝・署名行動を行いました。参議院選挙の「米軍基地ノー」のオール沖縄の声を踏みにじって、強権的に基地建設を強行する安倍政権の暴走を許さない声 ... 続きを読む →

 9月14日、憲法会議や憲法改悪反対共同センターなどがよびかけた、昼休みデモが行われました。安保法制=戦争法に反対する行動として、昨年来隔週の水曜日の昼休みデモとして続けられてきました。参議院選期間中は一時中断していたの ... 続きを読む →

 3日、自衛隊の市中軍事パレードが、金沢の平和町の大通りで行われました。これに抗議するスタンデイング宣伝行動が、平和委員会や憲法会議、県民の会、寺町台9条の会などが参加して行われました。「あなたがたを、戦場にいかせない」 ... 続きを読む →

 7回目の「9条の会」北陸ブロックの交流会が、27日金沢市内で行われました。「9条の会」事務局員の高田建さんが「参議院選挙の結果と安倍政権の行方、および9条の会の課題」と題して講演し、各県の活動を交流しました。分科会では ... 続きを読む →

 石川憲法会議や県平和委員会など八団体は、自衛隊が9月3日に市中軍事パレードを計画していることに対し、中止を求める申し入れを26日に行いました。小中学校や病院、住宅地での軍事パレードであり、戦争法によって「殺し・殺される ... 続きを読む →

 「戦争法反対!憲法改悪阻止!」をよびかける8団体が共闘して、毎月19日に平和をアピールするピーステントが、8月19日に再開されました。(参議院選中、中断していた)四高公園入口で、各参加者がマイクを使って、秋に南スーダン ... 続きを読む →

  党県委員会は、終戦71周年にあたる15日、金沢の香林坊アトリオ前で街頭宣伝を行いました。佐藤まさゆき県議・副委員長は、戦争の惨禍を再び繰り返さないためにも、安倍政権の改憲策動を許さず、憲法を生かした平和日本を築くため ... 続きを読む →

 原発問題住民運動のと連絡センターは、11日羽咋市で、「原発のない能登半島への道」学習会を行いました。志賀原発直下と周辺の活断層が明らかになり、廃炉を迫る県民世論が決定的に重要になる中、能登全域で運動を広げていくための学 ... 続きを読む →

 党県委員会は、6日のヒロシマの日に続いて、9日のナガサキの日に香林坊で街頭宣伝を行い、核兵器の廃絶へ「ヒバクシャ国際署名」を推進し、憲法改悪を許さず9条をまもる国民的運動を広げようと呼びかけました。宣伝行動には、西村ひ ... 続きを読む →

 7月26日の午前9時過ぎ、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が、通常の着陸に失敗し、滑走路が一時閉鎖された。事故原因が住民に説明されないまま10時過ぎには、自衛隊機が8機離陸しました。日本共産党と平和委員会は共同で、小松 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.