活動とたたかい - 原発・平和

 党県委員会は、6日のヒロシマの日に続いて、9日のナガサキの日に香林坊で街頭宣伝を行い、核兵器の廃絶へ「ヒバクシャ国際署名」を推進し、憲法改悪を許さず9条をまもる国民的運動を広げようと呼びかけました。宣伝行動には、西村ひ ... 続きを読む →

 7月26日の午前9時過ぎ、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が、通常の着陸に失敗し、滑走路が一時閉鎖された。事故原因が住民に説明されないまま10時過ぎには、自衛隊機が8機離陸しました。日本共産党と平和委員会は共同で、小松 ... 続きを読む →

 20日、党県・加南地区委員会や平和委員会、「米軍来るな!」市民連絡会などが共同して、小松への米軍訓練の移転(共同訓練)の中止を求めて小松基地と小松市に申し入れしました。7月25日から29日かけて、嘉手納基地から小松基地 ... 続きを読む →

  19日、「戦争法反対!憲法改悪阻止!」を呼びかける8団体が、参議院選挙の結果を受けて、憲法改悪阻止と戦争法の発動に反対する運動の一層の発展をよびかける「声明」を発表しました。あわせて、8月19日から「戦争を許さないピ ... 続きを読む →

 被爆者がよびかけた「核兵器を禁止し廃絶する条約を結ぶことを、すべての国に求める国際署名」の取り組みが石川県でもスタートしました。16日、「ヒバクシャ国際署名をすすめる石川の会」が、街頭署名行動を金沢市の武蔵で行いました ... 続きを読む →

 「戦争法廃止!憲法改悪阻止!」をよびかける8団体が、19日の午後、四高記念公園で、安保関連法廃止!憲法壊すな!石川県民集会を開催し、デモ行進を行いました。   集会では、野党3党の代表、市民連合、参議院選挙区のしばた未 ... 続きを読む →

 25日、野党統一のしばた未来さんの勝利めざす野党共同街宣が、全国に先駆け金沢駅前東口で行われました。志位和夫共産党委員長、小沢一郎生活の党代表が弁士となって訴え、近藤和也民進党県代表と盛本芳久社民党県代表も、勝利めざす ... 続きを読む →

 戦争法(安保関連法)が強行された19日にちなんだ抗議行動が、県内各地で展開されました。金沢のアトリオ前では「女性のレッドアクションいしかわ」のよびかけで、赤色のスカーフを身に着けた女性が、戦争法廃止訴えて署名行動を行い ... 続きを読む →

 5月13日、「しばた未来さんと語る会」が、津幡町9条の会の主催で取り組まれました。しばたさんは、「安保法制がまさか通されることはないと思っていたのが、強行された」「安倍政治は許せない。誰かでなく自分が行動しなくてはと思 ... 続きを読む →

 「戦争法廃止!憲法改悪阻止!」をよびかける八団体は、5月3日に本多の森ホールで「平和憲法施行69周年記念石川県民集会」を開催しました。上智大学教授の中野晃一さんが「改憲に抗して!立憲主義・個人の尊厳をとりもどす」と題し ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.