活動とたたかい - 原発・平和

 7日、日本共産党と平和委員会、米軍来るな市民連絡会は、戦闘機の度重なる機体トラブルによる緊急着陸で、徹底した原因究明と安全対策を求める申し入れを、小松基地に行いました。申し入れでは、機体トラブルが度重なっているにもかか ... 続きを読む →

 18日、戦争をさせない石川の会が主催による、共謀罪法案シンポジウムが持たれました。スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏が「東京五輪と共謀罪」、ジャーナリストの向井嘉之氏が「泊・横浜事件と言論弾圧」、弁護士の宮西香氏が「 ... 続きを読む →

 原発をなくす石川県連絡会は、東日本大震災・福島原発事故6周年に呼応して、3月12日に原発ゼロと志賀原発の廃炉を求める県民集会を行いました。集会では、元立命館大学教授の和田武さんが「再生可能エネルギーへの転換」と題して講 ... 続きを読む →

 原発をなくす石川県連絡会は、3月12日に「原発ゼロ、志賀原発の廃炉を求める県民集会」を開催し、集会後デモ行進を行う予定です。  福島原発事故から6年、原発事故の収束の見通しも立たない中、被災者支援を打ち切り、原発再稼働 ... 続きを読む →

 8日、日本共産党と平和委員会など市民団体は、小松基地所属のF15戦闘機が訓練中に模擬爆弾の先端カバーを落下させた問題で、小松基地を訪れ、亀岡弘司令あてに落下事故の原因究明と結果の公開、安全対策を申し入れました。申し入れ ... 続きを読む →

 18日、憲法改悪反対共同センターなどがよびかける昼休みデモが行われ、安保法廃止とあわせ、今国会の争点となる「共謀罪」の成立を許すなと、アピールしました。19日には、平和・憲法をまもる8団体共同呼びかけのピーステントが宣 ... 続きを読む →

 12月21日、憲法改悪反対県共同センターなどがよびかける、「安保法制の廃止、安倍暴走政治ストップ」を求める昼休みデモが行われました。南スーダンに派遣されている自衛隊に「駆けつけ警護」の新任務が付与され、自衛隊が戦闘に巻 ... 続きを読む →

 14日、党県委員会・加南地区委員会と県平和委員会は、小松基地が隊員の私用携帯電話の通話履歴の提出を求めたことに対して、隊員の人権を侵害し、「もの言えぬ」戦時体制復活を想起させる重大な問題として、即刻撤回するよう、亀岡弘 ... 続きを読む →

 県憲法会議、憲法改悪反対共同センターは、23日金沢市内で安倍暴走政治ストップ!、戦争法廃止、憲法守り生かす市民アクション行動を行いました。  集会では、平和委員会、TPP反対連絡会、原発をなくす会などの代表が、それぞれ ... 続きを読む →

 自衛隊に「駆けつけ警護」の任務を附与する閣議決定が行われ、自衛隊員が「殺し、殺される」差し迫った危険が生まれています。TPPの採決強行、年金カット法の強引な推進など、安倍政権の常軌を逸した暴走が続いています。  「戦争 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.