活動とたたかい - 原発・平和

 南スーダンへの自衛隊派遣をめぐって国会論戦が白熱する中、派遣を許すなと訴え、昼休みデモが12日に行われました。稲田防衛大臣が、南スーダンの情勢は平穏であるかのように答弁し、自衛隊を派遣しようとしている暴挙を批判し、「派 ... 続きを読む →

 臨時国会が始まり、安倍政権が自民党憲法草案を憲法審査会で議論する意向を示すなど、憲法改悪、戦争法の具体化・実施の動きが強まる中、抗議の昼デモが四高公園から武蔵が辻まで行われました。出発前のあいさつで、佐藤まさゆき県議が ... 続きを読む →

 24日、日中友好協会、日朝友好協会の両県支部は、金沢市内で東アジアの情勢について学習会を開催し、秋元邦宏党県委員長が講演しました。秋元氏は、北朝鮮の核・ミサイル開発問題や中国の南シナ海をめぐる問題について、「軍事対軍事 ... 続きを読む →

 戦争法一周年の19日は、安保法制=戦争法廃止をもとめ、全国300ケ所以上で集会や各種の行動が取り組まれました。県内でも、女性のレッドアクションの宣伝行動や、戦争法に反対する8団体のピーステントなどの取り組みが行われまし ... 続きを読む →

 県の安保破棄実行委員会と平和委員会は、15日に沖縄の米軍基地建設強行に抗議する宣伝・署名行動を行いました。参議院選挙の「米軍基地ノー」のオール沖縄の声を踏みにじって、強権的に基地建設を強行する安倍政権の暴走を許さない声 ... 続きを読む →

 9月14日、憲法会議や憲法改悪反対共同センターなどがよびかけた、昼休みデモが行われました。安保法制=戦争法に反対する行動として、昨年来隔週の水曜日の昼休みデモとして続けられてきました。参議院選期間中は一時中断していたの ... 続きを読む →

 3日、自衛隊の市中軍事パレードが、金沢の平和町の大通りで行われました。これに抗議するスタンデイング宣伝行動が、平和委員会や憲法会議、県民の会、寺町台9条の会などが参加して行われました。「あなたがたを、戦場にいかせない」 ... 続きを読む →

 7回目の「9条の会」北陸ブロックの交流会が、27日金沢市内で行われました。「9条の会」事務局員の高田建さんが「参議院選挙の結果と安倍政権の行方、および9条の会の課題」と題して講演し、各県の活動を交流しました。分科会では ... 続きを読む →

 石川憲法会議や県平和委員会など八団体は、自衛隊が9月3日に市中軍事パレードを計画していることに対し、中止を求める申し入れを26日に行いました。小中学校や病院、住宅地での軍事パレードであり、戦争法によって「殺し・殺される ... 続きを読む →

 「戦争法反対!憲法改悪阻止!」をよびかける8団体が共闘して、毎月19日に平和をアピールするピーステントが、8月19日に再開されました。(参議院選中、中断していた)四高公園入口で、各参加者がマイクを使って、秋に南スーダン ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.