活動とたたかい - 選挙

   日本共産党石川県女性後援会は19日、金沢市内で決起集会を行い、来春の統一地方選で「日本共産党候補の全員当選で、いのちと暮らし守ろう」と心一つにしました。金沢市のメイン会場とオンラインでつないだ5会場で60人が参加。 ... 続きを読む →

 日本共産党石川県委員会は12日、金沢駅西広場で街頭演説おこない500人(オンライン100人含む)が参加、統一地方選挙の候補者が勢ぞろいしました。代表して佐藤正幸県議が訴え、体調不良の市田忠義副委員長に変わり穀田恵二衆院 ... 続きを読む →

 10日投開票の参院石川選挙区で日本共産党の西村祐士氏は26,119票(得票率5.43%)を獲得しましたが、及びませんでした。投票率は前回より0.59ポイント減で過去最低(補選除く)となりました。西村氏は「平和と暮らしが ... 続きを読む →

 8日午前、井上さとし参院議員が石川県入り、西村ひろし選挙区候補とともに金沢市内で訴えました。井上氏は、「たけだ良介候補はじめ、比例5議席をなんとしても」と呼びかけ、「軍事費2倍化より暮らし優先が国民の願い。軍事一辺倒の ... 続きを読む →

5日午前、小池晃書記局長を迎えた街頭演説が金沢駅西口広場で行われ、約450人が参加しました。  小池氏は「いよいよ最終盤。比例は大激戦、大接戦です。平和と暮らしの願い実現の最も確かな力、比例5議席をなんとしても実現させて ... 続きを読む →

 金沢市の日本共産党小立野(こだつの)支部は、センターの電話を2台から4台に増やし、法定1号ビラを手元に置いてテレデータを使い対話・支持拡大をしています。岡田保子さんは、高齢の男性に「物価高騰のなか、消費税減税でがんばる ... 続きを読む →

 日本共産党の藤野保史前衆院議員は2日、石川県内の志賀町、羽咋市、宝達志水町、加賀市、小松市、能美市の6か所で訴え、約90人が参加しました。  藤野氏は自民や維新の会などの軍事費2倍化を批判し、「軍事対軍事では平和はつく ... 続きを読む →

 比例代表は大激戦・大接戦の中、たけだ良介参院比例候補は7月1日、唯一の県内入り。野々市市、金沢市、津幡町、内灘町8か所で街頭演説、330人が参加しました。  たけだ氏は「日本共産党の躍進で平和を守り、希望が持てる新しい ... 続きを読む →

7月5日(火)金沢駅西口で開催予定の小池晃書記局長を迎えての街頭演説が、都合により30分遅れて、10時30分になりました。暑い中ですので、熱中症に気を付けて、涼しい場所でお待ちください。

 日本共産党羽咋診療所後援会は29日、「日本共産党の比例5議席獲得で平和と暮らし守ろう」と西村ひろし選挙区候補を囲む「つどい」を開催、13人が参加しました。  西村氏が「戦争か平和かが問われる大事な選挙」と強調し、法定1 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA