活動とたたかい - 環境・子育て

 「産廃から里山里海守る会」は、12日告示、19日投票で実施される輪島市産廃問題の住民投票を成功させようと、投票をよびかけるチラシを作成しました。「守る会」では、輪島市民にチラシを届けるとともに、宣伝カーを活用して街頭か ... 続きを読む →

 「産廃から里山里海守る会」は、3日石川県知事に対して「輪島市門前町への巨大な産廃処分場建設を認めないよう要請する署名」1,962筆を提出しました。「里山里海守る会」は、輪島での巨大産廃処分場建設は、「風評被害」「環境被 ... 続きを読む →

 いしかわ自治体問題研究所は、2日金沢市内で碇山洋金沢大学教授を講師に、輪島産廃問題の学習会を行いました。碇山氏は、市の委嘱を受けた産廃検討委員会が、「処分場を受け入れるべきでない」とした答申の内容も紹介し、これを無視し ... 続きを読む →

 憲法を生かす新しい県政をつくる県民の会は、23日谷本知事あてに「輪島市門前町大釜への産業廃棄物処分場を認めないこと」を求める要望書を提出しました。県民の会の木村吉伸事務局長は、「県は長期構想で能登の里山里海の自然環境の ... 続きを読む →

 県に対して、輪島に計画されている産業廃棄物処理場の建設を認めないことを求める署名が、「産廃から里山里海を守る会」によって呼びかけられ、取り組みが広がっています。合わせて、輪島の産廃建設の問題点をわかりやすく解明した「チ ... 続きを読む →

 19日、志賀町富来で「産廃から里山里海を守る会」(守る会)の結成総会が行われました。輪島市門前町大釜で、国内最大級の産廃処理場建設の動きが加速する中、輪島市では住民投票を求める署名運動が展開されています。産廃建設は、輪 ... 続きを読む →

 7月26日の午前9時過ぎ、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が、通常の着陸に失敗し、滑走路が一時閉鎖された。事故原因が住民に説明されないまま10時過ぎには、自衛隊機が8機離陸しました。日本共産党と平和委員会は共同で、小松 ... 続きを読む →

 6月1日の「子どもデー」にあたり、新婦人日本の会は、新しい県政つくる県民の会とともに、子どもの医療費窓口無料の一層の拡大をもとめて、石川県に申し入れを行いました。昨年石川県が、窓口無料を行う自治体へのペナルティーを取り ... 続きを読む →

 3月12日(木)、「新日本婦人の会石川県本部」は、木下公司教育長宛ての「教科書採択の不当な政治介入を許さず、子どもの学習権保障のために父母・教師・学校の意見を尊重することも求めます」との、要請書を提出しました。

 1月27日(火)、「金沢市夕日寺校下の住民団体」の皆さんが、県の土木部と交渉を行いました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.