最新記事

新日本婦人の会県本部は、国際子どもデーの6/1、県知事・県教育長に対して、感染リスクを抑え、ゆとりを持った学級と学習保障、少人数学級、子どもの医療費無料化、学校給食の無料化など求めました。学校再開については、「休校の遅れ ... 続きを読む →

金沢市の浅野支部は、毎週木曜日午前地域をまわって宣伝に取り組んでいます。28日は4人でハンドマイクを持って「日本共産党は国民の苦難軽減が立党の精神、PCR検査の拡大、医療体制の強化、暮らしと営業の補償を」と訴えました。通 ... 続きを読む →

北信越ブロックがよびかけた一斉宣伝、5月度は15日から22日に各地の判断でとりくみ、野々市支部では22日、野々市駅前で9名が参加して出勤時宣伝、岩見博市議らが「検察庁法改正案断念に追い込んだ、国民が声をあげれば政治は変え ... 続きを読む →

党県委員会は12日、「緊急事態措置」延長にあたっての要望書を提出。佐藤正幸県議は、検査・医療体制の抜本的拡充し、検体採取に特化したPCR検査センターの設置を。安心して休業・自粛するための補償をさらに。学生への思い切った支 ... 続きを読む →

県原水協と新日本婦人の会は9日、金沢市内で核兵器廃絶を求める「ヒバクシャ国際署名」に8名の参加で取り組みました。新型コロナの影響で観光客はほとんどなく、通行人に「膨大に軍事費を新型コロナ対策、福祉・暮らし・教育にまわすべ ... 続きを読む →

野々市市の岩見博市議は7日、コロナ問題で緊急市民アンケートを6000枚を野々市支部とともに配布、1週間で169人から返信封筒で意見が寄せられました。「国の10万円にプラス独自の給付金を」「アベノマスクは不要、そのお金を医 ... 続きを読む →

憲法記念日の5/3、金沢市の寺町台9条の会や県平和委員会などでつくる「安倍9条改憲NO!なんぶアクション」は平和町の通りで20人が参加してスダンディング宣伝を行いました。参加者はマスクをして間隔をとってコロナ対策をしっか ... 続きを読む →

県政・県議会

◎佐藤正幸委員 私も児童虐待に関係してお聞きしたいのですけど、今、部長からも説明があり、和田内委員からもあったように、虐待が起こってからではやはり保護者も子供も傷つくということで、その前の予防がすごく大事で、やはり養育の ... 続きを読む →

◎佐藤正幸委員 文化部活動のガイドラインというものがあると私も初めて知ったので、関係してお尋ねしたいのですけど、文化庁が昨年12月に文化部活動の在り方に関する総合的なガイドラインというものをつくったようで、県も3月に方針 ... 続きを読む →

◎佐藤正幸委員 参議院選挙後初めての県議会であります。参議院選挙において5野党・会派が市民連合の皆さんと交わした13項目の政策合意を実現される立場から、日本共産党は代表して質疑に入ります。  まず最初に、付託された補正予 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA