活動とたたかい - 2020年6月

石川憲法会議と戦争する国づくりストップ!憲法を守り生かす石川県共同センターは24日、今月2回目の「怒りの昼デモ」を約40名の参加で行いました。あいさつに立った医労連の代表は「新型コロナで日本の社会保障制度がいかに脆弱なも ... 続きを読む →

 県を越えての移動が解禁された20日、21日に藤野保史衆院議員、武田良介参院議員を迎えて金沢、能登で9か所の「つどい」、訪問行動が取り組まれました。藤野議員は「新型コロナでこれまでの暮らしが大きく変わった。より良い社会を ... 続きを読む →

北信越ブロックいっせい宣伝が19日県内各市町で取り組まれ、8自治体で73名が参加し69回の宣伝が取り組まれました。県委員会は、秋元県委員長・佐藤正幸県議がJR金沢駅前で河井前法相・案里夫妻の逮捕問題、コロナ対策など訴えま ... 続きを読む →

石川社保恊は15日、厚生労働省に対して「医療機関・介護事業所の減収に対して新たな公的資金の導入」を団体署名263、個人署名933筆を届けて要請しました。藤野保史衆院議員が同行しました。具体的には、①医療機関・介護事業所の ... 続きを読む →

2020年原水爆禁止国民大行進は、倶利伽羅で50名の参加で富山県から引継ぎ式を行いました。富山県代表からは、「核廃絶署名の協力をよびかけ、全市町村を訪問した」こと、「あと12か国の批准で核兵器禁止条約が発効される。核兵器 ... 続きを読む →

石川憲法会議と戦争する国づくりストップ! 憲法をいかす石川共同センターは10日、「怒りの昼デモ」を再開しました。真夏日となる中、約50名が参加しました。新婦人の会の代表が「改憲発議に反対する全国緊急署名」の取り組みについ ... 続きを読む →

石川県労連といしかわ労働相談センターは6日、「電話無料相談」をよびかけ、相談員10名が応対しました。金沢・白山・羽咋・七尾市など県内全域から相談が寄せられました。「4月末で解雇された、失業給付が出るが生活費が足りない」「 ... 続きを読む →

新日本婦人の会県本部は、国際子どもデーの6/1、県知事・県教育長に対して、感染リスクを抑え、ゆとりを持った学級と学習保障、少人数学級、子どもの医療費無料化、学校給食の無料化など求めました。学校再開については、「休校の遅れ ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA