活動とたたかい - くらし・雇用

 石川県医療労働組合連合会は5日、新型コロナ感染から国民の命・健康を守るため、医療・介護施設・従事者への迅速な財政支援を求め、県内13か所の病院周辺で宣伝し、菅政権に要望書を送付しました。この行動に550人が参加、石川民 ... 続きを読む →

 年金引き下げは憲法違反だとして、石川・福井両県の年金受給者42人が国を相手取った「年金引き下げ違憲訴訟」の判決が10月30日にあり、押野純裁判長は「年金制度維持のため段階的に特例水準分を減額した法改正は不合理ではなく、 ... 続きを読む →

石川県の年金引き下げ違憲訴訟の第16回口頭弁論が7月31日、金沢地裁で結審しました。判決は10月30日です。原告・支援者約50名がかけつけ、横断幕を掲げて裁判所まで行進し傍聴しました。飯森和彦弁護士は「年金の引き下げは憲 ... 続きを読む →

石川県民主医療機関連合会(石川民医連)は9日、谷本知事へ「すべての医療機関・介護施設への財政補償」を求める要請を行うとともに、県内医療機関への緊急アンケート結果を発表しました。116医療機関から回答があり、深刻な経営実態 ... 続きを読む →

石川憲法会議と戦争する国づくりストップ!憲法を守り生かす石川県共同センターは24日、今月2回目の「怒りの昼デモ」を約40名の参加で行いました。あいさつに立った医労連の代表は「新型コロナで日本の社会保障制度がいかに脆弱なも ... 続きを読む →

石川社保恊は15日、厚生労働省に対して「医療機関・介護事業所の減収に対して新たな公的資金の導入」を団体署名263、個人署名933筆を届けて要請しました。藤野保史衆院議員が同行しました。具体的には、①医療機関・介護事業所の ... 続きを読む →

石川県労連といしかわ労働相談センターは6日、「電話無料相談」をよびかけ、相談員10名が応対しました。金沢・白山・羽咋・七尾市など県内全域から相談が寄せられました。「4月末で解雇された、失業給付が出るが生活費が足りない」「 ... 続きを読む →

党県委員会は12日、「緊急事態措置」延長にあたっての要望書を提出。佐藤正幸県議は、検査・医療体制の抜本的拡充し、検体採取に特化したPCR検査センターの設置を。安心して休業・自粛するための補償をさらに。学生への思い切った支 ... 続きを読む →

野々市市の岩見博市議は7日、コロナ問題で緊急市民アンケートを6000枚を野々市支部とともに配布、1週間で169人から返信封筒で意見が寄せられました。「国の10万円にプラス独自の給付金を」「アベノマスクは不要、そのお金を医 ... 続きを読む →

憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会(県民の会)は24日、谷本知事あてに新型コロナ感染対策に関する要望書を提出しました。申し入れは、県民への的確で迅速な情報発信と周知徹底、医療体制の充実と強化、営業と雇用を守ること ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA