活動とたたかい - くらし・雇用

 「県民の会」(憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会)は、26日石川県に来年度の予算要望を行いました。小松白川道路(白山トンネル)などムダな大型開発をやめ、くらし・福祉・防災優先の県財政への転換、河川整備の推進など ... 続きを読む →

 消費税をなくす石川の会と新日本婦人の会県本部は、全国の消費税宣伝行動日である24日、金沢市の近江町市場入口で消費税5%引き下げを求める署名宣伝を行いました。「10月からの消費税増税で、くらしも景気も大変になっている。た ... 続きを読む →

いしかわ市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める!いしかわ市民連合)は、12月3日に金沢市内で消費税問題についてのシンポジュウムを開催しました。消費税の問題点について碇山洋金沢大学教授が基調報告を行い、税理士の高 ... 続きを読む →

 28日、県社保協(社会保障推進協議会)は、石川県に対して命と健康・福祉を守るための重点要望を行いました。県の子どもの医療費助成の拡大や「子どもの生活実態調査」の実施、高齢者医療費・介護保険の負担軽減、国保の「子どもの均 ... 続きを読む →

 党白山市委員会は、8日に消費税の5%への引き下げを求めて、JR松任駅前で出勤時宣伝を行いました。宮岸美苗白山市議や党市委員会の八田好弘事務局長がマイクを持って、10月1日からの消費税10%増税に強く抗議し、「消費税導入 ... 続きを読む →

 日本共産党は、10月1日の消費税10%増税に抗議し、全国いっせい怒りの宣伝行動を展開しました。県内では金沢市の武蔵が辻に、藤野やすふみ衆議院議員が訴えに立ち、くらしも景気も壊す10%増税強行を厳しく批判し、消費税導入以 ... 続きを読む →

消費税をなくす石川の会と新婦人県本部は24日、金沢市の近江町市場入り口前広場で、消費税10%増税の中止を求める、宣伝署名とシール投票の取り組みを行いました。「年金はどんどん減る、その上の10%は困る。中止してほしい」と言 ... 続きを読む →

羽咋市内で19日の夕方、消費税10%増税に反対するパレードが行われました。羽咋診療所の日本共産党後援会がよびかけたもので、「10月からの10%、やっぱり無理!」と書いた横断幕を先頭に、タンバリやマスカラを鳴らしながら、「 ... 続きを読む →

党能登地区委員会は、18日の夕方に羽咋駅前で高校生を対象にして、消費税問題でシールアンケートの取り組みを行いました。「消費税10%増税をどう思うか」の設問に、対話をしながらシールを貼ってもらいました。ある高校生は「家計も ... 続きを読む →

「安倍暴走政治ノー」を掲げて隔週の水曜日の昼に行われている「怒りの昼デモ」が、18日行われ、10月にせまっている消費税10%増税ストップを訴えて行進しました。 出発前集会で、「消費税をなくす石川の会」を代表して尾西洋子さ ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA