活動とたたかい - くらし・雇用

石川憲法会議と戦争する国づくりストップ!憲法を守り生かす石川県共同センターは24日、今月2回目の「怒りの昼デモ」を約40名の参加で行いました。あいさつに立った医労連の代表は「新型コロナで日本の社会保障制度がいかに脆弱なも ... 続きを読む →

石川社保恊は15日、厚生労働省に対して「医療機関・介護事業所の減収に対して新たな公的資金の導入」を団体署名263、個人署名933筆を届けて要請しました。藤野保史衆院議員が同行しました。具体的には、①医療機関・介護事業所の ... 続きを読む →

石川県労連といしかわ労働相談センターは6日、「電話無料相談」をよびかけ、相談員10名が応対しました。金沢・白山・羽咋・七尾市など県内全域から相談が寄せられました。「4月末で解雇された、失業給付が出るが生活費が足りない」「 ... 続きを読む →

党県委員会は12日、「緊急事態措置」延長にあたっての要望書を提出。佐藤正幸県議は、検査・医療体制の抜本的拡充し、検体採取に特化したPCR検査センターの設置を。安心して休業・自粛するための補償をさらに。学生への思い切った支 ... 続きを読む →

野々市市の岩見博市議は7日、コロナ問題で緊急市民アンケートを6000枚を野々市支部とともに配布、1週間で169人から返信封筒で意見が寄せられました。「国の10万円にプラス独自の給付金を」「アベノマスクは不要、そのお金を医 ... 続きを読む →

民青同盟石川県委員会は28日、新型コロナ感染について谷本県知事へ要望書を提出しました。民青同盟は、この間コロナに関する青年生活緊急調査を行い、20日間余の間に170件を超える回答が寄せられました。「バイトをコロナ理由に解 ... 続きを読む →

憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会(県民の会)は24日、谷本知事あてに新型コロナ感染対策に関する要望書を提出しました。申し入れは、県民への的確で迅速な情報発信と周知徹底、医療体制の充実と強化、営業と雇用を守ること ... 続きを読む →

新婦人金沢支部(中内晃子支部長)は21日、新型コロナ対策で野口弘金沢市教育長に緊急申し入れを行いました。申し入れは、小中学校の休校が続く中、就学援助制度申請の延長・経済援助制度の家庭への周知徹底・夏休みに授業する場合は、 ... 続きを読む →

党県委員会は14日、県の「緊急事態宣言」を受けて、3点にわたって要望書を県に提出し西村祐士県書記長、佐藤正幸県議が提出しました。一つは、「緊急事態宣言」を出すに至った科学的知見、経緯を明らかにし、県民・県議会への説明責任 ... 続きを読む →

佐藤まさゆき県議と大滝記者は12日、金沢市の台所、近江町市場の関係者に新型コロナ問題での影響について聞き取り調査を行いました。通常はごった返す市場の中は半分が店を閉めて通る人もない状態。店主は、「前年同時期の10~20% ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA