活動とたたかい - くらし・雇用

12日の午後、日本共産党、民進党、社民党3党と柴田未来氏との間で「政策協定」が結ばれ、柴田未来氏を統一候補として石川選挙区を戦うことを記者発表しました。 結ばれた「政策協定」は、以下の4項目です。 1、立憲主義にもとづき ... 続きを読む →

 県労働者後援会は、11日に県庁前で出勤時宣伝を行い、「野党の共同で、戦争法廃止、独裁政治を許さず憲法まもる政治を」「アベノミクスの破たんは明瞭、働く者の雇用をまもり人間らしい働き方できる政治の実現を」と訴えました。   ... 続きを読む →

 3月19日は、昨年の9月19日に戦争法(安保法制)が強行採決されてから6カ月目にあたります。全国で、戦争法廃止を求める統一行動が展開され、石川県でも多彩な取り組みが行われました。女性たちによるレッドアクションの宣伝・署 ... 続きを読む →

 参議院選勝利めざし、県労働者後援会が出勤時宣伝を行いました。金沢駅西口、駅東口ライブ1前で、長曾輝夫県労働者後援会事務局長をはじめ、労働者後援会の役員がマイクをもって、非正規をなくし雇用のルールを守れ、労働者の賃上げで ... 続きを読む →

 金沢白山民主商工会や農民連などが中心となって、3月11日に重税に反対する集会とデモ行進が行われました。集会では、消費税の増税や国保料・税の引き上げに反対し、業者や国民の営業とくらし、納税者の権利を守るために運動と世論を ... 続きを読む →

 14日、県社会保障協議会は新春の講演会を開催し、渡辺治一橋大学名誉教授が「2016年日本の平和・憲法・人権をめぐる情勢と私たちの課題」と題して話しました。渡辺氏は、アメリカ、財界の要望に応える安倍暴走政治を批判し「憲法 ... 続きを読む →

 「憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会」(「県民の会」)は、25日石川県に対して、来年度の予算要望の申し入れを行いました。申し入れの内容は、介護、雇用、農業、原発、小松基地問題などにおよび、県民のくらし・平和・安 ... 続きを読む →

 23日、日本民主青年同盟の企画で、「なんだかおかしい?今の働き方」Workingカフェが行われました。長曾輝夫石川県労連事務局長の「働く権利」についての講演を聞き、グループに分かれて参加者が意見交換しました。労働法や労 ... 続きを読む →

 12月3日の夜、金沢市文化ホールで石川憲法会議や9条ネットなど、8団体の主催による「戦争法廃止!憲法壊すな!石川県民集会」に、会場いっぱいの1,100人が参加しました。講演に立った慶応大学名誉教授の小林節氏は、戦争法( ... 続きを読む →

  86回メーデー石川県中央集会が、本多の森公園で開かれました。働く者の団結で、安倍暴走政治と対決し「戦争立法ストップ」「労働法制の改悪ノー」の決意を固め会う、意気高い集会となりました。日本共産党県委員会を代表して、佐藤 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.