活動とたたかい - 2014年6月

 野々市市農業委員選挙が、6月29日に告示され、定数いっぱいの立候補にとどまり、党公認候補の西忠恭(にし ただやす)氏が無競争で当選しました。今回で8期目の当選となります。       &n ... 続きを読む →

 能登地区委員会と能登地区地方議員団は、4月1日以降に集めた消費税増税反対の署名を国会に届けるとともに、原発問題をはじめとした住民要求で、政府交渉を行いました。この行動には、佐藤まさゆき県議も参加し、井上さとし参議院議員 ... 続きを読む →

 自民党・公明党政権は、7月上旬にも集団的自衛権行使容認の閣議決定強行しようとしています。日本を戦争する国に大転換させようとする歴史的暴挙を許すなと、党金沢地区委員会は佐藤まさゆき県議を先頭に、金沢市内の南部地域のキャラ ... 続きを読む →

 安倍政権が、農業分野で進めようとしている農業破壊の暴走、一連の「農業規制改革問題」で県農業会議(6月23日)や、JA県中央会(6月16日)の役員と懇談し、意見交換を行いました。この懇談には、佐藤まさゆき県議・党県副委員 ... 続きを読む →

 憲法改悪を許さない石川県共同センターが呼びかけた、緊急の抗議の昼休みデモが、18日に金沢市内の中心街で行われました。緊迫した情勢を反映し、緊急の提起にも関わらず200名近くが駆けつけ、「集団的自衛権の行使容認の閣議決定 ... 続きを読む →

 集団的自衛権行使を容認し、憲法を踏みにじり海外で戦争する国づくりをめざす暴挙が、安倍政権によって強行されようとしています。憲法破壊のクーデターともいうべき歴史的暴挙を許すなーと、憲法改悪反対石川県共同センターが、緊急の ... 続きを読む →

安倍政権は、集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行しようとしています。「海外で戦争する国」への大転換を、内閣の判断でしゃにむに強行する事は、憲法破壊のクーデターと呼ぶべき暴挙であり、断じて許されるものではありません。 日本 ... 続きを読む →

6月11日、「憲法解釈変更反対、集団的自衛権行使容認を許さない市民集会」が、小松市公会堂で開かれ100人が参加しました。  安倍内閣が集団的自衛権の行使容認を閣議決定しようとする緊迫した情勢の下、基地のある小松から運動を ... 続きを読む →

 佐藤まさゆき県議は、県議会が日本共産党の一般質問を外したことに最後まで抗議するとともに、質問できなかった内容について文書で県の見解を問う質問主意書を提出しました。県議会に質問主意書が出されたのは25年ぶりです。消費税増 ... 続きを読む →

 安倍政権が集団的自衛権の行使容認にむけて、今国会中に憲法解釈の変更を閣議決定する動きが強まっている中、「海外で戦争する国づくり」許すなと、9日県内各地で宣伝行動を繰り広げました。  秋元邦宏県委員長が、金沢駅西口・東口 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.