活動とたたかい - 2017年12月

21日に、県社会保障協議会(社保協)が、22日には「県民の会」が、石川県に対して来年度の予算要望を行いました。「社保協」は、子育て、障がい者医療、介護、国保、地域医療の5つの項目で要望書を上げました。県の制度としての子ど ... 続きを読む →

 「安保法制の廃止、9条改憲NO!」と訴える女性のレッドアクションが、19日行われました。香林坊アトリオ前で行われた行動では、厳しい寒さと寒風が吹きすさぶ中、「平和憲法をまもろう」のレツドアクションのチラシを配布し、「9 ... 続きを読む →

 県安保破棄実行委員会と平和委員会は、15日毎月定例の沖縄連帯宣伝・署名行動を行いました。県安保実行委員会の柴原和美事務局長がマイクを握り、小学校の校庭に米軍ヘリの窓枠が落下した事故に触れ、「危険な普天間基地は撤去すべき ... 続きを読む →

 12月16日、羽咋市内で県原発センター30回総会と原発センター能登11回総会が開かれました。総会では、佐藤正幸県議が、原発問題をめぐる県政の問題点について報告、児玉一八県センター事務局長が、志賀原発をめぐる活断層調査の ... 続きを読む →

 太平洋戦争開始76周年にあたる12月8日、「憲法会議」や「戦争させない石川の会」など6団体が、「12・8平和を守るつどい」を金沢市内で開催しました。  戦争体験者4人が、戦時下の生活や中国での残留孤児体験を語り、「最近 ... 続きを読む →

 6日、憲法会議と憲法改悪反対共同センターは、9条改憲を許さず3千万署名の推進をよびかける昼休みデモが行われました。厳しく冷え込みミゾレまじの雨が降る中、「9条改憲許すな」「共謀罪、戦争法は廃止せよ」とコールしながら行進 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2018 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.