活動とたたかい - 2020年4月

民青同盟石川県委員会は28日、新型コロナ感染について谷本県知事へ要望書を提出しました。民青同盟は、この間コロナに関する青年生活緊急調査を行い、20日間余の間に170件を超える回答が寄せられました。「バイトをコロナ理由に解 ... 続きを読む →

憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会(県民の会)は24日、谷本知事あてに新型コロナ感染対策に関する要望書を提出しました。申し入れは、県民への的確で迅速な情報発信と周知徹底、医療体制の充実と強化、営業と雇用を守ること ... 続きを読む →

新婦人金沢支部(中内晃子支部長)は21日、新型コロナ対策で野口弘金沢市教育長に緊急申し入れを行いました。申し入れは、小中学校の休校が続く中、就学援助制度申請の延長・経済援助制度の家庭への周知徹底・夏休みに授業する場合は、 ... 続きを読む →

安倍首相の「緊急事態宣言の対象地域を全国に拡大する」発令を受けて17日朝、党県委員会は、宣伝行動に取り組みました。自粛要請でバスの乗車、通勤の車の量も通常の3割程度、「自粛を要請するなら補償を」のブラスターやのぼりに注目 ... 続きを読む →

党県委員会は14日、県の「緊急事態宣言」を受けて、3点にわたって要望書を県に提出し西村祐士県書記長、佐藤正幸県議が提出しました。一つは、「緊急事態宣言」を出すに至った科学的知見、経緯を明らかにし、県民・県議会への説明責任 ... 続きを読む →

佐藤まさゆき県議と大滝記者は12日、金沢市の台所、近江町市場の関係者に新型コロナ問題での影響について聞き取り調査を行いました。通常はごった返す市場の中は半分が店を閉めて通る人もない状態。店主は、「前年同時期の10~20% ... 続きを読む →

石川県原水協と新婦人の会は9日、金沢市内で「ヒバクシャ国際署名」に取り組みました。新型コロナ対策で手作りマスクをして「核兵器なくせの声を国連に届けましょう」とよびかけました。署名に応じた男性は「核兵器は大事な問題。新型コ ... 続きを読む →

党白山市委員会は7日、JR松任駅前で宮岸みなえ白山市議とともに「新型コロナ、自粛の損失補償を」「消費税を5%に」と書いた横断幕を広げ、通行人に訴えました。通りかかって話を聞いていた男性からは、「安倍政権を早く終わらせてほ ... 続きを読む →

党県委員会は3日、谷本県知事に対して、「息抜きしたければ、無症状の人は(東京から兼六園に)お起こしいただければ」とのべたことが波紋を広げていることに対して、「発言は不適切。慎重な対応、発言をするように」と申し入れました。 ... 続きを読む →

「安倍9条NO!なんぶアクション」は4月1日、金沢市平和町で「改憲発議するな」スタンディングアピールを約20名の参加で通行人に訴えました。参加者が交代でマイクを握り「新型コロナ感染症から命暮らしを守るのが政治の役割」「9 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA