活動とたたかい - 2020年11月

 コロナ禍で延期になっていた石川県後援会総会が、3密対策をとって21日に開催されました。総選挙が予想される中、藤野衆院議員を講師に学習決起集会を2部に、たいらあやこ比例候補のビデオメッセージ、亀田・坂本両小選挙区候補が、 ... 続きを読む →

 20日の北陸信越ブロックいっせい宣伝は、加賀市から中能登町まで8自治体で取り組まれ、52回の宣伝、19支部・58名が参加して取り組まれました。金沢では、亀田りょうすけ1区候補、佐藤まさゆき県議が出勤時の金沢駅前で訴え、 ... 続きを読む →

 女性のレッドアクションいしかわは19日、金沢市内で「改憲発議反対」を求める宣伝署名行動を9人で行いました。参加者は赤いスカーフを身につけ「みんなの力で戦争法を廃止する新しい政府を!」とアピールしました。富山県からのご夫 ... 続きを読む →

 石川県医療労働組合連合会は5日、新型コロナ感染から国民の命・健康を守るため、医療・介護施設・従事者への迅速な財政支援を求め、県内13か所の病院周辺で宣伝し、菅政権に要望書を送付しました。この行動に550人が参加、石川民 ... 続きを読む →

 安倍改憲NO! 市民アクションいしかわは3日、金沢市内で「戦争する国NO! 改憲許さず!」の憲法集会を約200名の参加で行いました。須藤春夫・法政大学名誉教授が「崩壊するジャーナリズム、なぜ権力と癒着するのか」と題して ... 続きを読む →

 民青同盟石川県委員会は11月3日、学生アパートの多い鈴見町会館でコロナで困窮する学生支援活動として「あつまれ、まんぷくの里―食料提供プロジェクト」に取り組み、60余名の学生が訪れました。事前に4500枚のビラを配布、食 ... 続きを読む →

 年金引き下げは憲法違反だとして、石川・福井両県の年金受給者42人が国を相手取った「年金引き下げ違憲訴訟」の判決が10月30日にあり、押野純裁判長は「年金制度維持のため段階的に特例水準分を減額した法改正は不合理ではなく、 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA