活動とたたかい - 2016年11月

 市民本位の金沢市政をつくる会(「市民の会」)は、市議会議員の政務活動費の疑惑にかかわり、真相の究明や責任の明確化、再発防止策の徹底などを求め、市役所前でボードなどを掲げてスタンディング宣伝を行い、参加者がマイクをもって ... 続きを読む →

 石川県社会保障回診協議会は24日、県民のいのちと健康、くらしを守る重点要望を、谷本正憲知事あてに提出し、県庁内で健康福祉部と交渉しました。  県の子どもの医療費助成制度(小学生まで無料)を、中学校卒業まで拡大することや ... 続きを読む →

 県憲法会議、憲法改悪反対共同センターは、23日金沢市内で安倍暴走政治ストップ!、戦争法廃止、憲法守り生かす市民アクション行動を行いました。  集会では、平和委員会、TPP反対連絡会、原発をなくす会などの代表が、それぞれ ... 続きを読む →

 日本共産党加南地区委員会は、20日白山市や能美市で藤野やすふみ衆議院議員を迎え、「日本の未来と国政・市政を語りあうつどい」を開催しました。  藤野議員は、アベノミクス、戦争法、TPP、原発などについて語り、「安倍政権の ... 続きを読む →

 19日、志賀町富来で「産廃から里山里海を守る会」(守る会)の結成総会が行われました。輪島市門前町大釜で、国内最大級の産廃処理場建設の動きが加速する中、輪島市では住民投票を求める署名運動が展開されています。産廃建設は、輪 ... 続きを読む →

 党金沢地区委員会は、19日、金沢市内で畠山和也衆議院議員を迎え「党綱領を語り日本の未来を語り合うつどい」を開催しました。畠山議員は、苦難解決で奮闘する日本共産党について党綱領にも触れて紹介、TPPの問題などについて詳し ... 続きを読む →

 自衛隊に「駆けつけ警護」の任務を附与する閣議決定が行われ、自衛隊員が「殺し、殺される」差し迫った危険が生まれています。TPPの採決強行、年金カット法の強引な推進など、安倍政権の常軌を逸した暴走が続いています。  「戦争 ... 続きを読む →

  石川県平和委員会などが主催して、辺野古新基地建設をめぐる訴訟を考える学習会が13日金沢市内で行われました。南山大学の榊原秀訓教授が、訴訟をめぐる経緯を説明しながら、福岡高裁那覇支部の不当判決の問題点を明らかにし批判し ... 続きを読む →

 11月19日、20日にかけて、畠山和也衆議院議員、藤野やすふみ衆議院議員を迎え、「日本の未来と日本共産党を語るつどい」が開催されます。党の衆議院議員が、国会情勢から、日本の変革の展望まで、わかりやすくお話します。参加者 ... 続きを読む →

 10日、党県委員会は緊迫した情勢となっているTPP問題で、JA石川と懇談しました。秋元邦宏県委員長、佐藤まさゆき県議、黒崎清則1区予定候補、鈴木宏太3区予定候補の4名がJA石川中央会を訪問し、牧康晴専務理事、西利章参事 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.