活動とたたかい - 2021年1月

 新婦人の会石川県本部は22日、金沢市内で核兵器禁止条約の発効日にあわせて、署名・宣伝行動を呼びかけました。被爆者友の会や原水協、反核医師の会など7団体から25人が参加、交代でマイクを持ち訴えました。県被爆者友の会の西本 ... 続きを読む →

 秋元邦宏県委員長と佐藤正幸県議は18日、谷本知事を訪ね「新型コロナ検査戦略の転換などの要望」を行い、健康福祉課の相川広一健康推進課長が対応しました。要望項目は、①検査戦略を転換し、幅広い検査の拡大、②すべての医療機関へ ... 続きを読む →

 北信越ブロックいっせい宣伝が15日各地で取り組まれ、県委員会の出勤時宣伝には、亀田りょうすけ1区予定候補、佐藤まさゆき県議が金沢駅前で、感染が急拡大しているコロナ問題に「国の全額負担でPCR検査の拡充、地域医療を守るた ... 続きを読む →

 日本民主青年同盟石川県委員会は11日、2回目の食品提供プロジェクト「あつまれ・まんぷくの里」を行い、51名の学生が開催ビラを片手に集まりました。金沢大学に近い会場の公民館は、積雪1メートル近く、除雪作業から始まりました ... 続きを読む →

 井上哲士参院議員は5日、金沢市内で亀田りょうすけ1区予定候補とともに強い風雨の中、香林坊、兼六園下、武蔵が辻の3か所で、コロナ対策の危機感の薄い菅政権を批判し「市民と野党が力を合わせれば政治は変えられる」と訴え、10万 ... 続きを読む →

 2021年新春宣伝は1月4日、亀田1区予定候補は県・市議団とともに金沢駅西・市役所前で、坂本2区候補は能美市で街頭から訴えました。亀田予定候補は、菅政権の無為無策により、年末年始にかけてコロナ感染が爆発的に拡大したこと ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2021 Japanese Communist Party, ISHIKAWA