活動とたたかい - 2019年11月

 28日、県社保協(社会保障推進協議会)は、石川県に対して命と健康・福祉を守るための重点要望を行いました。県の子どもの医療費助成の拡大や「子どもの生活実態調査」の実施、高齢者医療費・介護保険の負担軽減、国保の「子どもの均 ... 続きを読む →

 安倍9条改憲を許さない宣伝・署名行動が、19日金沢市内で繰り広げられました。「安倍改憲NO!市民アクションいしかわ」は、めいてつエムザ前で3千万署名に取り組みました。「安倍政権が安保法制を強行した日を忘れない」と、20 ... 続きを読む →

 18日、能登地区から5名が、第二陣の台風被災者支援のボランティアとして長野に行きました。被災したリンゴ農家の支援に入り、リンゴの木に堆積した泥出しや、水に浸かったリンゴの除去作業などに、静岡から参加したボランティアとと ... 続きを読む →

 党加南地区委員会は、17日に藤野やすふみ衆議院議員を迎えて、「藤野衆議院議員を囲むつどい」を、小松市・能美市・白山市で行いました。「つどい」では、藤野衆議院議員が、消費税や台風災害問題、野党共闘などについて国会報告を含 ... 続きを読む →

 北陸信越ブロックいっせい宣伝行動が、15日に県内各地で取り組まれました。県委員会は、秋元邦宏県委員長・佐藤まさゆき県議が出勤時の金沢駅西口・東口で宣伝しました。宣伝では、安倍首相が総理主催の「桜を見る会」に多くの後援会 ... 続きを読む →

 13日の夜、原発をなくす石川県連絡会の総会が金沢市内で開かれました。総会では、七尾市在住の友禅染絵師の志田弘子さん(志賀原発廃炉署名よびかけ人)が「志賀原発 初期の反対をつらぬいた人たち」と題して講演しました。志田氏は ... 続きを読む →

 14日、長野市への被災者支援のボランティア活動に参加した西村ひろし党県書記長は、党長野県委員会に立ち寄り、集まった救援募金を被災者に届けてもらうよう鮎沢聡長野県委員長に託しました。ボランティアに参加した6人は、家屋の泥 ... 続きを読む →

 憲法9条の改悪を許さず、安倍政権の退陣を求める「怒りの昼デモ」が、13日に金沢市内で行われました。2015年の安保法制の強行以来続けられている「怒りの昼デモ」は、この日で106回目を迎えました。出発前のあいさつに立った ... 続きを読む →

 台風・豪雨災害被災地支援で、12日に能登地区委員会から2トントラックでの参加を含めて7名が、長野市にボランティア支援に入りました。被害状況の厳しい長沼地域に入り、社協の募集で集まったボランテイアの人たちも協力をして、被 ... 続きを読む →

憲法公布記念日である11月3日の午後、県女性センターで9条改憲を許さない「憲法集会」が、市民アクションいしかわの主催で開かれました。集会では、国際問題ジャーナリストである伊藤千尋さんが「9条を生かして誇れる日本をーメデイ ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA