活動とたたかい - 原発・平和

安倍9条改憲に反対する98回目の「怒りの昼休みデモ」が、24日の昼に4高記念公園横から武蔵が辻まで行われました。昼デモの出発前集会のあいさつに立った西村ひろし党県書記長は、参議院選挙の結果について改憲勢力3分の2割れで安 ... 続きを読む →

 金沢入りした原水爆禁止国民平和大行進(富山ー広島コース)は、17日の夕方、金沢市庁舎前で集会を行いました。平和行進実行委員会の桶間県労連議長があいさつ、県被爆者友の会の西本多美子会長が連帯と激励のあいさつを行いました。 ... 続きを読む →

 安倍改憲N0!市民アクション・いしかわ主催の「安倍改憲NO!改憲発議NO!平和憲法施行72周年記念石川県民集会」が、3日金沢歌劇座大ホールで行われました。集会では、普久原 均(ふくはら ひとし)琉球新報社前編集長が、「 ... 続きを読む →

憲法を生かす新しい県政をつくる会(県民の会)や新婦人、県労連など7団体は、26日、金沢市長の政党機関紙調査問題をテーマに「憲法と民主主義を考える市民ミーティング」を開催しました。「県民の会」の木村吉伸事務局長が、経過を報 ... 続きを読む →

「安倍改憲NO!市民アクション・いしかわ」は、19日に安倍9条改憲反対を訴え、集会とデモを行いました。四高記念講演前で開かれた集会では、よびかけ人の五十嵐正博神戸大学名誉教授があいさつに立ち、辺野古の沖縄の不屈の闘いに学 ... 続きを読む →

 9日、原発ゼロ・志賀原発廃炉を求める3・9県民集会が、金沢市内で開かれました。集会では、福島県楢葉町の宝鏡寺の住職で、原発避難者の損害賠償を求める裁判の原告団長でもある早川篤雄氏が講演を行いました。事故後8年がたってい ... 続きを読む →

 2月25日、「金沢市民の会」など7団体は、山野市長の政党機関紙購読調査の中止を求め、金沢市役所前で出勤時宣伝を行いました。「金沢市は議員の政治活動の自由と職員の思想及び良心の自由を守れ」と書いた横断幕をかかげ、木村吉伸 ... 続きを読む →

 「原発をなくす石川県連絡会」は、3月9日午後2時より、石川県教育会館大ホールで、「福島原発被災者支援、原発ゼロ、志賀原発廃炉を求める県民集会」を開催します。2011年の福島原発事故の翌年から毎年、3月11日の前後に、被 ... 続きを読む →

「市民本位の金沢市政をつくる会」など市民7団体は、20日山野金沢市長が市職員に対して政党機関紙購読問題で調査を強行したことに対して、抗議の声明を発表しました。    抗議声明 ダウンロード

17日、「市民本位の金沢市政をつくる会」など、市民団体7団体が共同して、金沢市庁舎における政党機関紙購読調査問題で、「憲法と民主主義を考えるシンポジュウム」を開催しました。山野金沢市長が自民党市議の議会質問を受けて、市職 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2019 Japanese Communist Party, ISHIKAWA