活動とたたかい - 原発・平和

「怒りの昼デモ」石川、野党共闘と国民世論で9条改憲阻止へ

カテゴリー:

 石川憲法会議と戦争する国づくりストップ! 憲法を生かす石川県共同センターは8日、金沢市で「岸田自公政権の憲法改悪は許さない」と「怒りの昼デモ」を約40人でおこないました。日本共産党の佐藤正幸県議が参加しました。出発前あいさつで、県労連の長曽輝夫事務局長は、総選挙の結果について報告。野党共闘で自民党の大物議員を落選に追い込むなど大きな力を発揮したことを強調。マスコミが野党共闘を否定する報道をしていることを批判し「マスコミの報道は市民運動に対する挑戦だと思って、改めて力を発揮して闘いを強めよう」と呼びかけました。デモ行進は、「平和憲法9条を守ろう!」の横断幕を先頭に「戦争をさせない」などのパネルやのぼりを掲げて行進。「戦争する国づくりは許さない」「岸田政権の改憲を許さない」とアピールし、商店街や通行人の注目を集めていました。

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA