活動とたたかい - 原発・平和

共謀罪の委員会強行に抗議し、全県で宣伝

カテゴリー:

 共謀罪法案が、19日衆議院法務委員会で強行可決されたことに抗議する宣伝行動が、小選挙区予定候補や党地方議員を先頭に、県内各地で展開されました。金沢市では、黒崎きよのり一区予定候補、佐藤まさゆき県議などが、「内心の自由を犯し、国民の思想・信条を監視し処罰する共謀罪は絶対に認められない。力をあわせ必ず廃案に追い込もう」と、怒りをこめて訴えました。諸団体でも、女性のレッドアクションやピーステントが取り組まれ、共謀罪の委員会採決に抗議するとともに、廃案めざし運動を大きく広げようと呼びかけられました。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.