活動とたたかい - 原発・平和

県原発センター・原発センター能登が定期総会

カテゴリー:

 県原発センター(原発問題住民運動石川県連絡センター)と、原発センター能登が、19日に羽咋市内で定期総会を開催しました。総会では、児玉一八県センター事務局長が「志賀原発をめぐる状況と廃炉をめざす運動について」のテーマで報告を行いました。原子力防災問題や活断層問題で、センターが取り組んできた活動と成果を報告し、原発からの撤退と温暖化対策をどう両立させていくのか、志賀原発廃炉に向けてどう活動をすすめていくのか、問題提起しました。佐藤まさゆき党県議も「原発をめぐる石川県政の動向について」報告し、志賀原発を容認する谷本県政の問題点と県の再生可能エネルギーへの取り組みの問題点を批判しました。質疑・討議の後、議案と体制について承認しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2019 Japanese Communist Party, ISHIKAWA