活動とたたかい - 環境・子育て

子どもの医療費無料化をもとめ、県と交渉

カテゴリー:

 「国際子どもデー」(6月1日)に呼応して、5月31日に新日本婦人の会県本部のみなさんが、子どもの医療費窓口無料化を求めて、県と交渉しました。この行動に、亀田りょうすけ選挙区予定候補も、佐藤まさゆき県議、尾西洋子元県議とともに参加しました。県議会では、3回にわたって窓口無料化を求める請願が可決されているにも関わらず、県は実施を拒否しています。

 「サイフの心配なく安心して子どもを病院に連れて行けるようにしてほしい」という切実な声にも、県は「医療費助成の制度のありがたさを自覚してもらうためにも、無料化はできない」と、従来の立場に固執し、怒りをかっていました。

国際子どもデー

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA