活動とたたかい - お知らせ

「県民の会」が、名護市長選の結果を受けて声明

カテゴリー:

「新しい県政をつくる県民の会」は、19日投票でたたかわれた名護市長選挙で、「米軍基地の辺野古移設反対」で頑張ってきた稲嶺ススム氏が勝利したことを受けて、声明を発表しました。

 

名護市長選の結果についての「新しい県政をつくる県民の会」の声明

 

   安倍政権の暴走にストップをかけ、憲法を生かし、

   住民の命・くらしを守る地方政治の流れを石川でも

 

1月19日投票で、名護市長選挙が戦われ、「普天間米軍基地の辺野古移設反対」を掲げた稲嶺ススム候補が、基地建設容認派の候補を破って勝利した。この市長選挙は、安倍政権が強圧を持って、沖縄の自民党国会議員や県知事に「県外移設」の公約を撤回させ、新基地建設容認に転じさせ、強引に新基地建設を県民・市民に押し付けようとする中でたたかわれました。安倍政権は、ありとあらゆる権力と財力を駆使して、市長選挙での「基地容認派」の勝利をめざしましたが、「県外移設」をもとめ、「いのち・くらし・平和こそ宝」とする県民・市民の心を屈しさせることは出来ませんでした。 

 「新基地押しつけ」という安倍政権の理不尽な暴走に対して、「未来に基地という負の遺産を残せない」とオール沖縄の声を貫き、市民のいのちとくらしを守る地方自治の旗を掲げて、これを打ち破った県民・市民の戦いに、こころから敬意を表するものです。 

 「新しい県政をつくる県民の会」は、沖縄県民・名護市民と連帯し、名護市長選で「安倍政権の暴走に厳しい審判を下したのにつづき」、石川県でも、消費税増税や社会保障の大改悪、原発の再稼働、「戦争国家づくり」などをすすめる安倍政権に対して、県民のきびしい審判を下し、憲法を生かし、命・くらしまもる県政を実現させるために全力をつくすものです。

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.