活動とたたかい - お知らせ

金沢市長選挙の結果を受けて、「市民の会」が声明

カテゴリー:

 金沢市長選挙は、11日に投開票が行われ、山野ゆきよし氏が3選を果たしました。選挙の結果は、投票率が24・92%と市長選史上最低の投票率となりました。得票結果は、山野ゆきよし 76,346票(得票率83.61%、前回比ー17,352票)、

  南しょうじ  14,968票(得票率16.39%、前回「会」候補比+4,659票)

 選挙結果を受けて記者会見に臨んだ南しょうじ候補は、選挙戦での支援のお礼を述べるとともに、「選挙戦で訴えたゴミ有料化中止や子育て支援の政策、安倍政権の改憲・消費税10%増税ノーは、大きな共感と手応えを感じることが出来た」「しかし出遅れもあり、充分有権者に訴えを届けきることが出来きず残念な結果となった。これからもみなさんと力あわせ、公約の実現へ運動を続けていきたい」と決意を語りました。

 選挙戦をささえた中内晃子選対本部長が、「市民の会」としての市長選の結果についての声明をよみあげ発表しました。

      金沢市長選挙の結果についての声明

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2018 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.