県政・県議会 - 県議会

予算委員会で討論にたちました

カテゴリー:

  3月16日(月)、予算委員会で、佐藤県議はただひとり、討論にたち、県会唯一の、野党議席の大切さを、改めて感じさせてくれました。

 討論では、第一の理由として、「消費税増税と円安誘導による物価高が、くらしと地域経済を直撃しているもとで、住民を守る『防波堤』としての本来の役割を果たすには極めて不十分な予算であること」。第二の理由として、「くらし応援、教育充実の予算は、投資的経費を全国中位とする方向に踏み出せば捻出できるが、その姿勢すらなく、不要不急の大型開発の歳出構造が温存されたこと」をあげました。 

*予算委員会 討論*

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.