活動とたたかい - 選挙

北陸3県縦断キャラバン宣伝、藤野やすふみ前衆院議員かけまわる

カテゴリー:

 藤野やすふみ前衆院議員は15日、富山、石川、福井の北陸3県を縦断するキャラバン宣伝に取り組み、石川では金沢市武蔵エムザ前で亀田りょうすけ1区予定候補とともに街頭から約120の聴衆を前に訴えました。藤野氏は、「コロナ禍で発生した医療崩壊で、救える命が救えないことは、もうあってはならない。自己責任押し付けの政治から、命と暮らし最優先の政治に転換を」と医療・保健所体制の強化や効率・公的病院統廃合の中止、コロナ危機で傷んだ暮らしと営業への補償と支援など党の政策を主張しました。そして、総選挙を前に野党が共通政策、政権協力、候補者1本化で合意した意義を強調。「新しく政権をつくる野党の本気度を示すもの。共闘をぶれずに支える共産党を比例で伸ばすことが自民党政治を変える一番の推進力になる」と語りました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2021 Japanese Communist Party, ISHIKAWA