活動とたたかい - 選挙

暮らし守る石川県政に、いいもりひろこ知事候補が第一声

カテゴリー:

 石川県知事選が24日告示(3月13日投票)され、「憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会」の無所属新人、いいもりひろこ(飯森博子)候補(62歳)=新日本婦人の会県本部会長、日本共産党推薦=が金沢市内で第一声を上げました。いいもり候補は、「みなさんの願いが届く県政をめざして何としても勝利したい」と表明。4つのチェンジ、「いのちと健康」「経済と生活」「子どもの未来」「平和」を掲げ、新型コロナ感染症から県民のいのちを守り、ジェンダー平等・環境先進県に、子どもの医療費拡充・自己負担ゼロ、少人数学級を小中学校全学年でと力を込め、「だれでもが安心して暮らせる石川県をみなさんとつくりたい」と訴え、大きな拍手に包まれました。県健康友の会会長の井上登さん、選対本部長の木村吉伸さん、出発式では城北病院医師の横山隆さん、日本共産党の佐藤正幸県議が訴えました。志位和夫委員長、たけだ良介参院議員から激励メッセージが寄せられました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA