活動とたたかい - ジエンダー平等

国際女性デー行動、22人が参加しミモザやガーベラを手にチラシ配布、選択的夫婦別姓導入署名のよびかけ

カテゴリー:

 国際女性デー石川県実行委員会は8日、金沢市香林坊で「ジェンダー平等へ」と書いた横断幕を広げ、ミモザ・ガーベラの花を手にチラシ配布、「選択的夫婦別姓の導入を求める請願」署名に取り組みました。行動には22人が参加、交代でマイクを持ち、「世界の運動と連帯し、平和、生活の向上、ジェンダー平等をめざそう。コロナ禍の中、命と暮らしを守れ」と訴えました。買い物帰りの女性は「必要性があって旧姓を使って仕事をしています。早く選択的夫婦別姓にしてほしい」と声をかけていきました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2021 Japanese Communist Party, ISHIKAWA