活動とたたかい - 原発・平和

終戦記念日に、藤野衆議院議員が訴え

カテゴリー:

  70年目の終戦記念にあたる8月15日、金沢入りした藤野やすふみ衆議院議員は武蔵エムザ横で街頭演説を行いました。

  藤野議員は、前日行われた安倍首相の70年談話に触れ、「侵略」「植民地支配」という言葉を入れたものの、真剣な反省を感じさせるものがない。平和の言葉とは裏腹に戦争法案を強行しようとしているところに本質が現れていると批判。「平和」の言葉で国際治安支援部隊(ISAF)に参加し「殺し殺される」事態になったドイツの例に触れながら、日本の若者が「殺し殺される」ことになる戦争法案を絶対に許してはならないと訴えました。原発再稼働、沖縄辺野古、TPP、労働法制改悪など、あらゆるところで安倍政治と国民の矛盾は激化しており、戦後70年のいま、あらゆる戦いを合流させ、共同を広げ戦争法案を必ず廃案に追い込もうと呼びかけました。

  演説後、「安保法制に反対するママの会@石川」から、藤野議員に反対を求める要請が寄せられました。

815藤野宣伝 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

民主青年同盟の青年が、横断幕、プラスターを持って共同で宣伝。

815宣伝・青年 (2)

 

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.