活動とたたかい - 原発・平和

「野党は共闘を」いしかわ市民連合が、党に申し入れ

カテゴリー:

 「安保法制を廃止し、立憲主義を回復する!いしかわ市民連合」(いしかわ市民連合)は、4月4日に参議院選挙の選挙区における野党の共闘を求める申し入れを、党県委員会に行いました。県内の民進党、社民党にも同日同様の申し入れをおこなっています。

 いしかわ市民連合から、神林裕一事務局長と共同代表の金森俊朗北陸学院大学教授、河合隆平金沢大学准教授、須藤春夫法政大学名誉教授、徳田隆裕弁護士が参加し、野党共闘を早期に実現し、候補者一本化の努力を強く望む要望が寄せられました。

 秋元邦宏県委員長は、申し入れの趣旨を歓迎し、中央の野党合意を受けて石川でも早く実現できるよう力をつくす決意を述べるとともに、市民の大きな後押しを期待したいと応じました。

市民連合申し入れ44

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA