活動とたたかい - くらし・雇用

市民連合が、消費税でシンポ

カテゴリー:

いしかわ市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める!いしかわ市民連合)は、12月3日に金沢市内で消費税問題についてのシンポジュウムを開催しました。消費税の問題点について碇山洋金沢大学教授が基調報告を行い、税理士の高岡眞二さんがゲスト報告を行いました。消費税が10%に増税されたが、社会保障や財政再建に生かされているのか、国民の生活を豊かにする税の在り方とは何かなど、報告に基づいてフロアーからも意見が出されました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA