活動とたたかい - くらし・雇用

統一協会との関係断ち切れ、金沢市に公園里親事業の合意書解除求める

カテゴリー:

 統一協会の金沢家庭教会の施設がある金沢市の浅野校下住民が8日、金沢市の村山市長あてに、統一協会と交わした「公園里親事業」の合意書の解除を求める146人分の署名と要望書を提出しました。城北診療所医師の佐藤清さんや亀田恵子さんらと森尾嘉昭党市議が同席。金沢市の都市整備局長らが対応しました。「公園里親事業」は、市と市民の自主的な活動で公園や緑地の除草や清掃をしてもらう制度で市と合意書を交わします。市長は8/19の会見で「地域の人からやめてほしいということであれば検討するが、現時点で国の動向を見極めた上で検討する」と述べていました。佐藤氏は住民146人分の署名を手渡し、「統一協会は霊感商法、高額献金など反社会的集団だ」として合意書の解除を求めました。都市整備局長は「今の段階では情報がそろっていない。国の動向をみて判断します」と繰り返し答えました。

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA