活動とたたかい - 地域経済・農業

武田良介参院議員が加賀市JA組合長と懇談

カテゴリー:

 武田良介参院議員は22日、コロナ禍の農業の状況を聞くために、加賀市のJA組合長を訪ね、中村眞組合長と懇談しました。日本共産党の坂本ひろし2区予定候補(地区委員長)、一色しんいち加賀市議予定候補、谷栄一大聖寺支部長が同席しました。JA加賀は、中村組合長の他、新保嘉康常務理事、小坂隆男常勤監事が応対しました。組合長は、加賀市は圧倒的にコメ農家が多いことをあげ、「コロナ禍の米価暴落は大打撃。農家が意欲を失わないか心配だ」とと述べました。また「政府は生産調整をやめ、個別所得補償もなくした」、「農業の見通しが立たなければ後継ぎもできない」との意見も出されました。武田氏は「農業で食べていける、地域で暮らしていける農政への転換が必要だ」と強調し、「総選挙で政治を変えましょう」と呼びかけました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2021 Japanese Communist Party, ISHIKAWA