活動とたたかい - 党の活動

市議選告示、「戦争許さず、くらしまもる議席必ず」各候補全力で訴え

カテゴリー:

 一斉地方選挙後半戦の市会議員選挙が、19日に告示されました。(26日投票)

日本共産党の各候補は、各地で「日本共産党への一票で、戦争立法ストップの審判を」「くらし破壊の暴走政治から、防波堤となってがんばる日本共産党の議席を必ず」と、元気に、気迫を込めて訴えをスタートさせました。

日本共産党は、金沢市で 森尾よしあき(現)、広田みよ(現)、奥野ひでなり(現)、おおくわ初枝(新)が立候補し、4議席の実現で議案提案権の獲得をめざします。

   定数38(2減) 立候補43

           広田みよ               奥野ひでなり

広田出発式

奥野出発式 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          森尾よしあき

森尾出発

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        おおくわ初枝

おおくわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小松市では、橋本よね子(現)が立候補し、定数削減と多数激戦の中、現有議席の確保に全力をあげています。   定数22(2減) 立候補28名

橋本米子出発式419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野々市市では、岩見ひろし(現)が立候補し、一名オーバーの少数激戦の中、現有議席の確保で奮闘しています。 定数15(1減) 立候補16名

岩見博出発式419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輪島市は、あぶみ邦夫(現)が立候補し、定数3減の中、現有議席確保に全力をあげています。     定数17(3減) 立候補19名

あぶみ出発

 

 

 

 

 

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.