活動とたたかい - 党の活動

第66回石川県党会議が開かれ、政権交代・総選挙勝利めざす「総合計画」、新役員を選出

カテゴリー:

 20日、第66回石川県党会議が開催され、政権交代めざす歴史的総選挙勝利の「総合計画」を決定し新しい県委員会が選出されました。秋元県委員長は、「コロナ禍で苦しむ国民の現状に対して、無為無策、強権、冷酷な菅政権は倒すしかない」「選挙勝利のために『特別期間』の目標総達成へただちに大奮闘をはじめよう」と訴えました。藤野やすふみ衆院議員はあいさつで「コロナでの無為無策、75歳以上の医療費窓口2割の導入、公立病院の病床削減をすすめる、こんなひどい政治変えるしかない。何としても再選、2議席への躍進を」と訴えました。新しい県役員として、県委員長に秋元邦宏、副委員長・佐藤正幸、書記長・西村祐士、常任委員として、柴原和美・牧田俊雄・南 章治・山本 昭(いずれも再任)が選出されました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2021 Japanese Communist Party, ISHIKAWA