活動とたたかい - 選挙

参院石川補選、西村ひろし氏を擁立! いのちとくらし平和を守る

カテゴリー:

 日本共産党石川県委員会は7日、県庁で記者会見し、知事選への議員辞職にともなう参院石川選挙区補欠選挙(定数1、4月7日告示、24日投票)に西村祐士氏(67歳)を擁立すると発表しました。秋元邦宏県委員長、佐藤正幸県議が同席。西村氏は、岸田政権の後手後手のコロナ対策を批判し、迅速なワクチン接種、無料のPCR検査、医療と保健所体制の強化などを強調。新自由主義から転換し、やさしく強い経済をめざすとし、社会保障の充実、消費税5%への引き下げ、気候危機打開、ジェンター平等、戦争する国づくりを許さず、9条生かした平和外交を掲げ、「すべての人に援助が差し伸べられる政治、くらし・平和を守るために力を合わせたい」と述べました。 西村氏の略歴、金沢大学卒。党金沢地区常任委員、加南地区委員長を歴任し、2015年から党県書記長。1996年から2014年まで6回、衆院石川2区候補。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA