活動とたたかい - 選挙

北信越ブロック、「党と後援会の交流決起集会」石川県会場から、比例5議席でたけだ必勝

カテゴリー:

 北信越ブロック「党と後援会の交流集会」が15日、オンラインで開催され、石川では3会場に64人が視聴しました。西村ひろし参院選挙区候補は、中国から注文が増えている九谷焼業者の声を紹介しながら「9条を生かした平和外交は日本経済にとっても極めて重要。語れるのは日本共産党だけ」と決意を述べました。後援会代表のあいさつで県後援会代表世話人の鳥越順丸さんは、県知事選・金沢市長選、参院補選と選挙をたたかった経験から、マスコミ報道に惑わされず、「真実を訴え伝えることが必要だ」と話しました。発言では、佐藤正幸県議が、コロナ禍のなか、取り組んだ食糧支援などで民青が増えていることを報告し、「党と民青をもっと強くして選挙に臨みたい」と述べました。参加者全員で「がんばろう」を三唱し「得票650万、比例5議席獲得」の決意を固めあいました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA