活動とたたかい - 選挙

県女性後援会宣伝デー、「平和と暮らし守る願いは日本共産党」、「比例は日本共産党」と訴え

カテゴリー:

 公示後初めての日曜日となった26日、日本共産党石川県女性後援会は「比例5議席獲得」めざして、比例カーで終日金沢市内を訴えて回りました。

 女性後援会のメンバーが交代でマイクを持ち、昼時間には、西村ひろし選挙区候補と合流し、市内の商店街を歩いて「比例は日本共産党、選挙区は西村ひろし」と支援を呼びかけました。

 西村候補は3か所で政策を訴え、岸田政権の平和や暮らしの無為無策を批判し、「日本共産党は消費5%減税で暮らしを応援します」「軍備増強は福祉切り捨て、消費税増税となる」と訴えました。

 演説を聞いていた洋品店の男性は、「コロナで客が減り、景気が悪くて商品を買ってくれない。軍事費拡大で消費税が上げられたらたまったものではない。共産党に伸びてもらって消費税5%に下げてほしい」と話しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA