活動とたたかい - 選挙

電話作戦、金沢市小立野支部。対話がおもしろい、自民党支持者が「比例は共産党」!

カテゴリー:

 金沢市の日本共産党小立野(こだつの)支部は、センターの電話を2台から4台に増やし、法定1号ビラを手元に置いてテレデータを使い対話・支持拡大をしています。岡田保子さんは、高齢の男性に「物価高騰のなか、消費税減税でがんばる日本共産党へ支援を」と呼びかけました。すると、「せっかく電話いただいたのに、私は自民党支持者です」との返事でした。岡田さんが「戦争か平和かがかかった大事な選挙です。ロシアのウクライナ侵略について胸を痛めています」と水をむけると「軍事対軍事では戦争は終わらない」と会話になり、憲法9条を生かした平和外交や核兵器禁止めざす政策について語ると、「共産党はそんなすごいことを主張しているのか、わかった比例は共産党に入れる。電話してくれて本当にうれしい、ありがとう」と言われました。岡田さんは「自民党支持者が共産党に入れると言ってくれたことは初めて。それに感謝してくれたのも珍しい」と話します。「何としても比例5議席獲得して、たけださんを押し上げたい」と連日センターで仲間と励まし合って支持を広げています。

 

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA