活動とたたかい - 野党共闘

金沢市革新懇が総会、野党との共同・共闘の前進に注力

カテゴリー:

 平和・民主・革新の会(金沢市革新懇)は11日、金沢市で第11回総会と記念講演を行い40人が参加しました。「市民と野党の共闘を学ぼう」と新潟革新懇の谷正比呂代表世話人を講師にオンライン講演を行いました。谷氏は「新潟における市民と野党の共闘の現状と課題」と題して講演、「2015年の戦争法反対の闘いで大きく前進した」とし、野党や団体組織で選対をつくり、県内30市町村のうち23市で「調整会議」を設置、「一つひとつの問題を克服しながらやってきた」と述べました。討論では、新婦人、平和委員会、教育関係者、共産党金沢地区の亀田委員長、森尾金沢市議、佐藤県議が発言しました。松浦事務局長が活動報告と2022年の活動方針を提起。「住民要求に基づく市民と野党の共同を求め、知事選、市長選、参院選にとりくむ」などの方針を確認しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2022 Japanese Communist Party, ISHIKAWA