活動とたたかい - 原発・平和

市民アクション・いしかわ憲法集会。憲法改悪NO! 改憲発議NO!

カテゴリー:

憲法改悪NO! 市民アクション・いしかわは3日、金沢市で「憲法改悪NO! 改憲発議NO!」の憲法集会を行い、230人が参加。集会のあと金沢駅に向けてパレードしました。防衛ジャーナリストの半田滋氏が「危機に瀕する平和憲法~台湾有事で踏み越える専守防衛」と題して講演。半田氏は、集団的自衛権行使の閣議決定や敵基地攻撃能力の保有、9条改憲論の問題点などを指摘しました。主催者あいさつで、須藤春夫法政大学名誉教授は、総選挙の結果、自民、公明、維新の改憲勢力が改憲発議に必要な議席を上回ったことを警戒。数を頼みに改憲を強行する動きがあるとし、「市民運動の力が試される。世論と運動を強めよう」と訴えました。日本共産党、立憲民主党、社会民主党の県内の3野党から連帯のあいさつがありました。「岸田政権による改憲発議を許さない」とする集会アピールを採択しました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2021 Japanese Communist Party, ISHIKAWA