活動とたたかい - くらし・雇用

消費税5%引き下げ求め、白山市で宣伝

カテゴリー:

 党白山市委員会は、8日に消費税の5%への引き下げを求めて、JR松任駅前で出勤時宣伝を行いました。宮岸美苗白山市議や党市委員会の八田好弘事務局長がマイクを持って、10月1日からの消費税10%増税に強く抗議し、「消費税導入から30年間、消費税は大企業や富裕層の減税に使われただけで社会保障は悪くなるばかり」、「この20年間で日本は経済が成長しない国になってしまった」と批判し、「当面5%への引き下げでくらしと景気をよくしよう」と訴えました。「必要な財源は、大企業や富裕層に応分の負担をもとめ、軍事費のムダを削る税財政改革を」「くらしに希望のもてる政治を」とよびかけました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2019 Japanese Communist Party, ISHIKAWA