活動とたたかい - 党の活動

にしざわ博比例候補、県内キャラバン宣伝

カテゴリー:

 8日、にしざわ博北陸信越ブロック比例候補が、石川県入りし金沢市内から南加賀地域を一巡する県内キャラバン宣伝を行いました。都議選の安倍自民党への厳しい審判を受けて、安倍内閣の退陣、解散・総選挙を求める行動として取り組まれました。宣伝行動には、黒崎きよのり一区候補、本田正和二区候補も同行し訴えました。

      にしざわ比例候補は、冒頭九州豪雨災害の被災者へのお見舞いと党をあげて救援・復興に力をつくす決意を述べました。被爆者と日本と世界の世論で核兵器禁止条約が国連会議で採択されたことを報告するとともに、日本政府が参加しなかった問題を厳しく批判し、日本の政治をかえることと一体で核兵器廃絶へ前進しようと呼びかけました。都議選の結果をふまえ、臨時国会で森友・加計疑惑の解明、稲田防衛大臣の罷免、憲法9条改憲の中止を迫ろうと訴え、とりわけ9条改憲を許さない戦いと、総選挙で日本共産党と野党共闘の勝利で、改憲勢力を少数に追い込もうと呼びかけました。

 にしざわ比例候補は、午前中金沢市内のみどり、大桑、武蔵で訴え、額地域では「議会報告会」に参加し訴えました。午後からは南加賀に入り、能美市寺井、小松市粟津、加賀市山代の各所で訴え、白山市での「つどい」に参加しました。明日9日は、能登入りし、輪島市、珠洲市、七尾市、羽咋市、かほく市で、街頭から訴える予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.