活動とたたかい - 党の活動

党県委員会が谷本県知事あてに、新型コロナの検査戦略の転換を求める要望書を提出

カテゴリー:

日本共産党石川県委員会の秋元邦宏県委員長と佐藤正幸県議は5日、谷本県知事あてに、新型コロナの検査戦略の転換を求める要望書を提出しました。秋元氏は、「従来の診断目的の追いかけ、クラスター対策中心では対応できず、感染が広がってからでは遅い。防疫目的に転換すべきだ」と強調。医療・介護関係者など集団感染によるリスクが高い施設関係者への定期的なPCR検査や、感染震源地を早期に見つけ出し、その地域全体に対するPCR検査を求めました。また、保健所機能の抜本的拡充、隔離・保護・治療体制の拡充も要望しました。応対した相川広一健康福祉課長は「検査体制の拡充へ県医師会のみなさんと相談を始めている」と応じました。

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA