活動とたたかい - 教育・文化

県教育委員会に要請書を提出しました

カテゴリー:

 2月9日(月)、「新日本婦人の会石川県本部」の皆さんは、木下公司教育長宛てに「卒業式・入学式で『日の丸・君が代』を強制しないで 子どもが主人公となる式にしてください」との、要請書を提出しました。

 要請書では、卒業式・入学式での「日の丸・君が代」についての慎重な配慮を求めました。

 会長の高村可代子さんは、「私たち親にとって、子どもの成長はかけがえのない喜びです。とくに、卒業式・入学式は大きな節目の大切な行事であるため、子どもが主人公になるよう願っています。また、子どもの成長発達を願う学校現場に、首長や行政による教育への介入はふさわしくありません。子どもと教職員の内心の自由を保障し、『日の丸・君が代』の強制を辞め、式当日も学校側からの『強制するものではありません』との一言を添えることを保障してください。」と熱く訴えました。

 佐藤県議も同席し、議会論戦の上に立ち改善を求めました。

 

*新日本婦人の会 要請書*

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.