活動とたたかい - 党の活動

 侵略戦争と植民地支配を行った日本の敗戦から75年となる15日、佐藤県議・森尾市議ら党県・金沢地区合同で街頭宣伝。猛暑の昼近くにJR金沢駅西口で「戦争に命を懸けて反対してたたかった歴史をもつ政党として、2度と再び戦争の惨 ... 続きを読む →

日本共産党石川県委員会の秋元邦宏県委員長と佐藤正幸県議は5日、谷本県知事あてに、新型コロナの検査戦略の転換を求める要望書を提出しました。秋元氏は、「従来の診断目的の追いかけ、クラスター対策中心では対応できず、感染が広がっ ... 続きを読む →

武田良介参院議員は、23・24日にかけて石川県内の観光業への影響調査で金沢・小松・加賀市をまわり懇談・聞き取りを行いました。金沢市では近江町市場の商店主聞き取り、ホテル会、社交料飲食生活衛生組合役員など、小松市の粟津温泉 ... 続きを読む →

17日の北信越ブロックいっせい宣伝、石川県では8自治体で26支部58名が参加して60回の宣伝に取り組みました。JR金沢駅東口の県委員会の宣伝では旅行者の若いグループが手を振って激励、通行人が注目してみるなど関心を集めまし ... 続きを読む →

15日に行われた、党創立記念講演会が党事務所、オンラインなど全県で約200名が視聴しました。県党会館では、3密に配慮し30名が視聴、志位委員長の講演にうなづきながら大型スクリーンにくぎ付けになりました。参加者の感想からは ... 続きを読む →

党石川県委員会と金沢地区委員会は11日、金沢市の武蔵エムザ前で8人が参加し、九州地方をはじめ各地を襲った豪雨災害の救援募金に取り組みました。コロナの影響もあり人通りが少ない繁華街で30分の間に8,775円が寄せられました ... 続きを読む →

 県を越えての移動が解禁された20日、21日に藤野保史衆院議員、武田良介参院議員を迎えて金沢、能登で9か所の「つどい」、訪問行動が取り組まれました。藤野議員は「新型コロナでこれまでの暮らしが大きく変わった。より良い社会を ... 続きを読む →

北信越ブロックいっせい宣伝が19日県内各市町で取り組まれ、8自治体で73名が参加し69回の宣伝が取り組まれました。県委員会は、秋元県委員長・佐藤正幸県議がJR金沢駅前で河井前法相・案里夫妻の逮捕問題、コロナ対策など訴えま ... 続きを読む →

金沢市の浅野支部は、毎週木曜日午前地域をまわって宣伝に取り組んでいます。28日は4人でハンドマイクを持って「日本共産党は国民の苦難軽減が立党の精神、PCR検査の拡大、医療体制の強化、暮らしと営業の補償を」と訴えました。通 ... 続きを読む →

北信越ブロックがよびかけた一斉宣伝、5月度は15日から22日に各地の判断でとりくみ、野々市支部では22日、野々市駅前で9名が参加して出勤時宣伝、岩見博市議らが「検察庁法改正案断念に追い込んだ、国民が声をあげれば政治は変え ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2020 Japanese Communist Party, ISHIKAWA