活動とたたかい - 党の活動

 9月17日に、日本共産党中央委員会は、「福島第一原発の放射能汚染水の危機打開のための緊急提言」を発表しました。汚染水問題に対して、非常事態の認識に立って政府が全責任を負って、英知と総力を結集して危機打開にあたるよう提起 ... 続きを読む →

 加賀市議選(9月29日告示)、能美市議選(10月13日告示)の勝利めざす演説会が、党加南地区委員会の主催で、9月22日(日)よる7時から、加賀市民会館で開かれます。弁士として、井上さとし参議院がかけつけ、消費税増税、原 ... 続きを読む →

9月1日投票で戦われた羽咋市議選で、北川まち子候補は1,235票を獲得し、3位で当選しました。白田あきなり現市議からのバトンタッチを見事にやりとげました。1名オーバーの激しい選挙戦となり、どの候補も名前の連呼で終わる中、 ... 続きを読む →

9月29日に告示がせまった加賀市議選。8月31日に、新後ゆき子議員の事務所びらきが行われました。選挙は、市長選がらみで定数20に対して8名超(31日の説明会には28陣営が参加)の多数大激戦の様相になっています。新後ゆき子 ... 続きを読む →

羽咋市議選は、明日9月1日が投票日です。14の定数を有力15人で争う選挙戦、一票を争う生き残りをかけた大激戦のまま最終日をむかえました。北川まち子候補は、安倍政権のくらし・福祉破壊、原発推進の暴走に、羽咋からノーの審判を ... 続きを読む →

 選挙戦折り返しの28日、北川まち子必勝をめざす決起集会が、千里浜公民館で開かれました。  白田現市議は、自ら落選した経験にもふれ、「なんとかなる」という思いが少しでもあれば落選する厳しさを語り、党の議席がなくなった4年 ... 続きを読む →

 9月29日告示、10月6日投票で戦われる加賀市議選で新後ゆき子議員の必勝を期して、党と後援会の決起集会が開かれました。加賀市議選は定数が2名削減の20で争われ、市長選も同時に戦われることから「市長派か反市長派か」との争 ... 続きを読む →

 10月13日告示、20日投票で戦われる能美市議選の勝利をめざす、党と後援会の決起集会が開かれました。日本共産党は、定数18で争われる選挙で、現職の近藤けい子、山口さと子の2議席の必勝をめざしています。  近藤けい子市議 ... 続きを読む →

                                ... 続きを読む →

 羽咋市議選勝利をめざす日本共産党演説会が、20日の夜、市内のコスモアイルで開かれました。演説会では、北川まち子羽咋市議選予定候補が、長く医療・福祉の現場に立った経験を生かし、国保の引き下げをはじめ、医療・福祉の願いを届 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

Copyright © 2002 - 2017 Japanese Communist Party, ISHIKAWA All Right Reserved.