活動とたたかい

6日、佐藤まさゆき県議を先頭に金沢市武蔵が辻で能登半島地震救援募金活動を実施。福島から来たという女性をはじめ、若い人たちが募金に協力。 郵便振替による募金も受け付けています。 口座番号  00770-4-48657 加入 ... 続きを読む →

日本共産党石川県委員会と金沢地区委員会は4日正午過ぎ、金沢市内で「2024年能登半島地震災害救援」募金を取り組みました。秋元邦宏県委員長、西村祐士書記長、亀田良典金沢地区委員長、村田しげる1区候補ら15人が参加しました。 ... 続きを読む →

 1月1日の夕方に最大震度7を記録した能登半島地震、4日夕方には81人の死亡が確認されるという石川では近年経験したことがない大災害が発生しました。ライフラインが寸断され、被災者への支援が届かず、各地で食料・水・燃料が不足 ... 続きを読む →

 石川県の馳浩知事が東京五輪招致活動で国際オリンピック委員会(IOC)委員に贈答品を渡していたと発言した問題で、憲法を生かす新しい県政をつくる石川県民の会は19日、県庁を訪れ、馳知事あての申し入れ書を提出し、県民に事実関 ... 続きを読む →

 日本共産党の藤野やすふみ比例候補は17日、小松市で「藤野さんを囲むつどい」に参加し、参加者の質問に答えながら日本共産党の101年の歴史を語りました。「つどい」には24人が参加、石川2区の坂本ひろし候補も参加し、橋本米子 ... 続きを読む →

 北陸信越ブロックいっせい宣伝が15日に取り組まれ、石川県では8自治体で43人が参加し、36か所で街頭から訴えました。石川2区の坂本ひろし予定候補は、小松市で橋本米子小松市議ら5人で粟津駅前交差点に立ち、岸田政権の腐敗政 ... 続きを読む →

 日本共産党の平あや子比例候補は10日、加賀市と白山市で行われた「つどい」に参加し、「強く大きな党で政治を変えよう」と入党をよびかけ、加賀市で80代の男性が入党しました。加賀市の「つどい」には13人が参加。一色眞一市議が ... 続きを読む →

 平和・民主主義・革新の石川の会(石川革新懇)は3日、金沢市内で「イスラエル、ガザ紛争即時停戦を」「岸田政権の改憲・大軍拡反対」「馳知事の官房機密費を使った五輪招致問題発言の解明」のスタンディングを10人の参加おこないま ... 続きを読む →

 藤野やすふみ北信越比例候補は24日、能登地区に入り、中能登町、志賀町で「つどい」に参加。それぞれ9人が参加し、政治に対する疑問・質問を次々とぶつけ、討論しました。  中能登町の「つどい」では、「北朝鮮はなぜミサイルを撃 ... 続きを読む →

   平あや子北信越比例候補は19日、金沢市で街頭演説や「つどい」に参加しました。街頭演説は、村田しげる1区候補と3か所で「日本共産党の躍進でくらしに希望を」と訴えました。通行中の車から激励がありました。  東部地域主催 ... 続きを読む →

▲ このページの先頭にもどる

© 2002 - 2024 Japanese Communist Party, ISHIKAWA